Jam with brilliant ~福祉のいいモノ集めました~


jam_with02nd003-02-01

2016年1月14日~1月27日 第一回 Jam with brilliant

2016年6月23日~7月10日 第二回 Jam with brilliant 『東北六魂~みんなつながる~』

2017年1月9日~1月16日 第三回 開催決定!!! (会場:盛岡駅ビル フェザン 本館1F 出会いの広場)

第三回テーマは『アート』岩手の障がい者アート発信の先駆け 花巻「るんびにい美術館」の商品が登場!

ワークショップもあるよ!

DSC_0967 (2) FB_IMG_1453207384294 (2) DSC_0961 (2) DSC_0956 (2)

 

当店 milkglass closet は子供服のお店ですが、この Jam with brilliant は岩手県内の福祉作業施設と連携し、行われたイベントです。

 

Jam with brilliant とは?

Jam with brilliant とは素晴らしい才能がたくさん詰まっているという意味です。

ロゴは”handicap”ハンデキャップの語源の帽子です。

その帽子の中に溢れんばかりの素晴らしい才能がある事をイメージしています。

 

なぜこのようなイベントを行ったか。

岩手県内にも沢山の福祉関係の施設があります。

利用者さんは色々な作業をしています。

あまり福祉に関わった事のない方はご存じないかもしれません。私もそうでした。

でも、販売会などで利用者さんが販売しているのを見かける事があります。

私は少しでも手助け出来たら、かわいそうな気持ちで購入したことが、何度もありました。

しかし、ある商品をきっかけに見方が変わりました。

 

「なんだ!福祉施設ってすごい工場!」

 

結構すごい物作っているのです!

知らないだけ、知られていないだけでした。

施設によっては中身はもちろん、パッケージデザインもこだわってクオリティの高いものを作っているところが増えて来ています。

しかし、問題は販路が乏しい事の様でした。

 

せっかく作っているのに売れなきゃ勿体ない!

同情で買ってもらうのではなく、商品力で販売したい!

 

その思いから、当店が数ある商品の中から厳選されたものだけを集めて販売し、県内の皆様に良い商品を広く認知していただこうと企画しました。

 

福祉って…

だんだん福祉を知ると本当に色々な取り組みをしていることがわかります。

食品製造、農業、飲食店、印刷、アート…ホントになんでもあるのです

 

障害ってなんだろう・・・本当に障害??・・・そう感じました。

 

障害があってもなんにも問題ない!な世の中になることを願います。

 

 

次回の『Jam with brilliant』

『 第三回Jam with brilliant 開催決定!! 2017年1月9日(月祝)~1月16日(月)までフェザン本館1F 出会いの広場にて !!』

ハンディキャッパーもそうでない人も、誰もが持っている素晴らしい才能を詰め込んで行います!

 

 

前回、出品した商品やその時の様子など Jam with brilliantFace book ページはこちら

 

 

一般消費者の方や福祉作業施設その他各方面の皆様よりご意見等をぜひおよせください

info@milgla.comまで